So-net無料ブログ作成
検索選択

節電慣れ、ましろ

節電を否応なしにやっている大型店さんですが、

見慣れたら、これで十分じゃないかなって思えます。

確かに、明るいほうが購買意欲は起きるのかもしれないけど、

お店だって、公然と経費節減できるわけですし、

温暖化防止、CO2削減、やろうと思えばできるんじゃないか!って思えます。

今日、家の近くに2箇所、セブンさんがあるのですが、一方は照明を半減以下、

もう一方は店内照明、まったく節電していなくて、思わず

「節電に協力していませんよ、明るすぎると思いません?」

なんて言いそうになりました。


きっかけが災害というのは、アレですが、

災いを福に転ずる機会になればいいのにと思います。


地球温暖化を本当に考える、いいきっかけになりそうな気がします。

関東だけじゃなくて、

他の地区でも、節電週間とか、節電デイとか設定してはいかがでしょうか。

照明をLEDに変える動きも評価できるでしょうし。



なんでも、やれること、本気でやってみたらどうかな!って思います。

日本は電気を使いすぎという気がします。

世界にもそんな運動が広がったら、温暖化にも歯止め効かないかな~




節電で心も暗い。ましろ

関東の町は、どの店も電気を最小限におさえているため、

本当に暗いです。ガマンはできますが、心まで暗くなるものだと娘がいいます。

そうかも・・・

こんな節電のときに、野球ナイターだなんて、とんでもない!

と言う以上に、ディズニーランドも電気の消費量が多いので営業できずにいるそうです。

ま、そういうニュースはさておき、深刻なのは、原発ですね。

原発が稼動していないせいで、今の暗い生活があり、

原発事故のために、関東地区の水道水が危険になってしまった・・・

命がけで作業してくれている無名の人たちには感謝しています。

本当にありがたいことです。

でも、

東電があやまったところで、野菜の上に撒き散らされた放射性物質は

回収できるはずもなく、水道水の中に溶け込んだ物質が取り除けるわけでなく。

事態は深刻きわまりないです。


毎日スーパーへ行くと、ないものが毎日かわります。

牛乳は慢性的にありません。

今日は、納豆、小麦粉がありませんでした。

ないものは我慢できますが、

茨城産の野菜はあっても、カゴに入れる勇気がない私・・・

こういうの、人種差別でなくて、野菜差別みたいなものだけど、

やっぱり、目に見えない物質が怖くて、おびえている・・・・

福島原発に近い県のお百姓さん、ごめんなさい。



東京が眠ってる、ましろ

昨日は、息子の一人暮らしの引越しデイ。

先輩から家電製品一式を譲ってもらう約束になっていたので、

こんなガソリンのない時期に、東京へ車を走らせるハメに。

朝早くに出ましたが、高速の車の少ない事!

当然でしょうけど、こんなときに、3連休にドライブする人も少ないでしょう。

なんてったって、余震が毎日ある関東ですし。

結局ま、引越しの荷物、なんでこんなに増えてるの!ってくらいあって、

狭い寮から運び出すのも時間かかりました。親は入室できないんで。

すぐ暮らせるようにまで、とりあえず部屋の片付けして、

大家さんに挨拶して、結局、東京の世田谷を出たは19:30、、、、

首都高から見た東京!なんて暗いの!

ほとんどのビルは明かりがなく、高さを知らせる赤いライトの点滅が異様に目立ち

不気味ですらあります。東京タワーも真っ暗です。

首都高のライトも全部消えています。

もちろん、車もほとんど走っていません。


こんなことがなかったら、我々も都内を走る事はなかったのですが、

普段どんなに急いでも1時間はかかる高速道路を40分で通過しました。


眠る事を知らない東京という町が、静かに眠りについていました。


今まで明るすぎた、夜遅くまで働きすぎてた、そんな印象さえ。

限りあるエネルギー、便利をガマンして節電すれば、これで十分生きられるのです。






悲しい災害後、ましろ

昨日から始まった輪番停電。

うちはグループ2と3に属していますが、いまだに停電していません。

私たちはガマンしても、被災地の停電は避けて欲しいと思います。


もう灯油は売っていません。ガスストーブを昨日1台買って来ました。

週末からいれられなかったガソリン、どっか探して入れろと電話。

ダンナ君は今日も電車が動いていないので、他の人と車シェアして出勤です。

ガソリン給油の列があったので、並ぶとき、途中で販売数終了の可能性もありますと

言われましたが・・・・

なんとか満タンにできましたが、その後も長い列でした。

どこまで入れられたのかな。


店の前に並んで開くの待って、物資の買い込み、どこまですればいい?

家族の食を守るのは主婦の責任かもしれないけど、

自分たちだけ、食べるのって、なんかとっても後ろめたい。

東北の被災地、避難所、医も暖も食もプライベイトも許されないところがあるのに、

なんか、本当に申し訳ない。





地震も津波も恐いよ、ましろ

地震の影響、皆さんのところはどうだったのでしょう。

実は昨日は、一家離散、皆バラバラでした。

私は朝から実家へいっていました。主人はもちろん会社へ。

娘は東京渋谷へ。息子は数日前から国の山岳訓練研修で富山へ。

で、私は実家で地震。

ゆらゆらゆらがたがたがたがた、ゆらゆらが止まりません。

なんか異常な揺れに恐怖を感じて、玄関をあけ、外の様子を見ると、

電信柱、とまってるトラック、地面がゆれ、

お向かいの住職が、うちのお堂は耐震設備がきっちりしているからどうぞと言われて皆で避難。

2回目のゆれが30分後。

このときは様子を見ながら、家にいましたが、いつでも逃げ出せるよう玄関待機。

内臓がゆれて、吐き気がするくらい気持ち悪かったです。

それからの余震もたびたびおき、ソレが半端なく大きくて、気持ち悪いったらありません。

テレビは津波を映し、なんなのこれ!現実とは思えないような恐ろしさ。

三陸沖での地震なんて、今までだって!

海水が陸地を飲み込んでゆく様は、すさまじかったですね。

皆さんのお知り合いに被害がないことを祈るばかりです。

地震直後から1時間以上、家族誰とも連絡とれません。携帯が全く機能しないんです。

都内近郊すべての路線が動かないことが決定し、私も自宅には帰宅できないこと決定し、

娘は帰宅難民に。

娘は、準公共施設のはずの駅構内から放り出され、店から締め出され、

もっと早い時点で、決断して、タクシーに乗せればよかったと思いましたが、

夜9時にタクシー捕まえて、横浜まで。本当だったら1時間もあれば帰れるとこを

6時間。夜中の3時に娘が実家に帰宅。

公共施設で一夜を明かした仲間もいたようですが、皆寒かったそうです。


東京は「非常事態」対策が何もなされていませんでした。

あれだけ、東海地震などの有事のための準備はできているとかいってたのは

皆ウソだったということです。許せません!


交通マヒで帰れない人に対して、あまりに冷たかったというのが、印象だったようです。

若い子でコレです。お歳を召した方、子連れの方、どんなにたいへんだったことでしょう。

携帯もつながらなくなるし、電池の消耗も早いし、外では充電できないし(充電器もすぐ売り切れ)

携帯は何事もないときは便利ですがパニック時対策は必要です。


一夜あけて、帰宅した我が家は断水していて、復旧のめどがたっていません。

実家にいればよかった・・・状態ですが、

火曜は娘の卒業式ですし、

ダンナ君は燃えてたコスモ石油の近くの会社なんで、つめていますし、

こまった事態です。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。